2009年09月23日

巨人が優勝!

巨人がセ3連覇、本拠地で中日に5─3
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090923-00000485-yom-base

元々優勝なんて開幕から狙ってないから、特に悔しいとも思わないけど、
ながらくカープのこんなシーンを見れてないのが悲しいもうやだ〜(悲しい顔)


  じゃけど!

それより、今はCS争い!

明後日からはこの巨人との対戦です。
力の差は前回の対戦で思い知らされてイヤだったが、

今日優勝が決まってくれたから、
明後日からは阿部や小笠原は無理して出してこないかexclamation&question



プロ野球のセントラル・リーグは23日、読売巨人軍が3年連続33度目(1リーグ時代を含め42度目)の優勝を決めた。

 優勝マジックを「1」としていた巨人は、東京ドームで行われた中日戦に5―3で勝ち、栄冠獲得を白星で飾った。

 巨人のリーグ3連覇は、V9時代の1973年以来。原辰徳監督(51)は通算4度目のリーグ制覇となった。

 巨人はリーグ上位3チームによるクライマックスシリーズに出場し、2位チームと3位チームで争う第1ステージの勝者と、日本シリーズ進出をかけて第2ステージで対戦する。

 今季の巨人は、開幕2連敗でスタート。しかし、4月7日の横浜戦からの5連勝で首位に浮上すると、以降は1度もトップを譲らず、優勝ロードを駆け抜けた。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 17:39 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月01日

祝!高橋慶彦2軍監督誕生!!(ロッテ)

ロッテ「西村監督」決定!16年ぶり生え抜き
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000007-spn-base

ロッテはバレンタイン監督の後継になやんでましたが西村で決定したみたいですね。
打撃コーチしている慶彦が監督という晴天霹靂を期待していましたが…

2軍で監督に決定わーい(嬉しい顔)
めでたい!!

来年からはロッテ(の2軍)も応援せんといけんなりましたexclamation×2


  じゃけど!

できれば、その勇姿をカープでも期待したいですね。。

ロッテの来季監督に西村徳文ヘッドコーチ(49)が昇格することが31日までに決定した。複数の関係者によると、既に重光オーナー代行も了承しており、条件など細部を詰めてチームの全日程終了後に正式発表される。

 94年まで指揮を執った八木沢監督(現ヤクルトコーチ)以来、16年ぶりに生え抜き監督が誕生する。今季限りでの退任が決まっているバレンタイン監督の後任に決まった西村ヘッドはロッテ一筋28年。現役時代は首位打者や盗塁王に輝き、引退後もロッテのコーチを歴任し、ヘッドコーチとして05年日本一に導いている。監督就任については「まだシーズン中なんで目の前の試合に集中しないと」と多くを語らないが、人望は厚くチーム状況を最も把握する一人で、球団が低迷するチームの再建へ適任と判断した。

 球団ではOBの与田剛氏(野球解説者)ら外部招へいも視野に監督人事を遂行。最終的にはともに生え抜きの村田兆治氏(同)と西村ヘッドに絞られ、ここに来て西村ヘッドの昇格が正式に決まった。高橋打撃コーチの2軍監督就任も決定し、1軍打撃コーチにはBCリーグ・石川の金森栄治監督を招へいする。

タグ:高橋慶彦

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 14:04 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月16日

ホームスチールまで決められて5連敗

広島泥沼5連敗…もう精神論で行くしかないのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090716-00000008-spn-base

ついに5連敗
佐伯にホームスチールまで決められてちっ(怒った顔)

本来ならカープがしなければならない作戦でしょ!

 【広島1―6横浜】
広島は最下位の横浜に圧倒され、今季初の5連敗と泥沼にはまった。右手骨折からこの日復帰し、3番・右翼で先発出場した天谷も4打数無安打。3位・中日とのゲーム差は8まで広がった。現状を打破する方法が見つからないのか、試合後のブラウン監督は「苦しい状況でそのまま終わるのか。悔しさをプラスに変えないといけない」と精神論を唱えるしかなかった。
タグ:カープ敗戦

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 08:30 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月23日

高橋建マイナー降格、再昇格に期待大!

【MLB】高橋、奮闘実らずマイナー降格
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000210-ism-base

15試合で防御率3点。
悪い内容じゃなさそうなのに…、マイナー降格は残念ですね。

 じゃけど!

いいアピールもできたし、再昇格も絶対あるはず!

ニューヨーク・メッツは22日、ブルペン陣の入れ替えを行い、5月に日本人最年長の40歳でメジャーデビューを飾った高橋建投手がマイナー降格となった。高橋はメジャー登録枠には残り、今後は傘下の3Aバッファローでメジャー再昇格を目指すことになる。

 3月末にメッツとマイナー契約を結んだ高橋は、開幕こそマイナーで迎えたものの、3Aで結果を残して4月末にメジャー昇格。5月2日にデビューを果たした後、ここまで15試合のリリーフ登板で、0勝1敗、防御率3.00とまずまずの成績を残していた。

 なおメッツでは同日、6月初めにサンフランシスコ・ジャイアンツから移籍し、その後は3Aバッファローでプレーしていた27歳の左腕パット・ミッシュ、そして右腕のエルマー・デセンスの両投手が昇格。代わりに高橋がマイナー降格となったほか、ウィルソン・バルデス内野手がメジャー登録枠を外された。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 10:34 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月17日

木村拓也の起用法

原巨人逆転ドラマ!キムタク主役!ガッツも主役!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000011-sph-base

カープ時代もレギュラーをつかんだと思ったら、ちょっと元気のいい若手が出てきたら、すぐに控えにまわされて…
内外野、そしてキャッチャーまでできて、代走や守備固めにも使えるから、控えていてくれると頼もしいのはわかるけど。

昨年は3割近い打率を残して、貴重な働きをしていたのに、
原監督に「木村拓也がいなかったらと思うとゾッとしますね」とまで言わせ、
(3番を打ってたこともあったじゃろ!?確か…)
でも今年の開幕は、わけのわからん外人と比べられて、また控えにまわされてて…

  じゃけど!

スタメンで使われれば、逆転3ランの大活躍!
与えられた役目をきっちり果たして余りある活躍、腐らない精神力
ただただ感服します!



なぜカープは木村拓也を放出してしまったのか??

いまさらながらにベテランの力が必要といって、石井を獲得する事を思うと、木村拓也放出する必要なかったじゃんって思うけど。
現状の貧打線、天谷がいなくなって層が薄くなった外野人の穴や、三塁シーボルの穴を十二分に埋めれてた。
◎注:石井琢朗の補強は賛成ですよ、石井選手をどうこうではなく


巨人7−6西武(16日・宇都宮清原球場)
原巨人が4回、9人攻撃で一挙5点を奪い逆転勝ち。連敗を3で止めた。1点差に迫った4回、2死一、二塁から2番・木村拓が、西武・石井一から左翼席へ逆転3ラン。続く小笠原が13試合ぶりの14号ソロを運んだ。5回から登板した山口が、2回完全で2年越しの13連勝をマーク。1点差の9回は、離脱したクルーンに代わって豊田が締めた。雨の中、声援を送った宇都宮のG党も満足のクロスゲームだった。

 降りしきる雨が、火照った体を冷ましてくれた。原監督が、会心の笑顔でナインを出迎えた。鮮やかな逆転勝ちで今季初の4連敗を阻止。その功労者として指揮官は、真っ先に木村拓をたたえた。「彼本来の思い切りの良さがでた。いい活躍をしてくれた」

 上り調子の選手をしっかりと見抜いていた。試合前、原監督は「このところ状態が上がってきていたから」と、練習で動きにキレが戻ったベテランを5月5日の横浜戦(東京D)以来となる2番で起用。これが当たった。木村拓は、谷、鶴岡の連続二塁打で1点差に迫った4回2死一、二塁、石井一のスライダーを鋭く振り抜き2号逆転3ランを放った。犠打も2つ決め、2番としての仕事もきっちりこなした。

 37歳の木村拓は「状態がよくなったかどうかは自分では分かんないッス。でもね、いくつになっても必死ですよ。使ってもらったからには、監督のサインにしっかり応えて、強い気持ちでやるだけ」と目をぎらつかせた。坂本、木村拓の1、2番コンビは今季初めてだが、昨年6月の交流戦期間中に起用しており、この時に5勝1敗と勝ち越した縁起のいいコンビだ。

 木村拓の一発に、小笠原も続いた。「(木村)拓さんに引っ張ってもらいました」と右翼席へ2者連続アーチ。低めのスライダーに、体を沈めて反応した、5月28日のソフトバンク戦(東京D)以来13試合ぶりの14号。指揮官は「前の打席(空振り三振)の悔しさを出してくれた価値ある一発」とうなずいた。この回打者9人で5点を奪い、逆転。湿りがちだった打線が一気に息を吹き返した。
タグ:木村拓也

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 09:17 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月16日

高橋健、松井秀樹を三振に!

高橋建がゴジラ斬り!大敗メッツでキラリ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090616-00000026-sanspo-base

14点差の負け試合で、一死満塁からの登板って。。

  じゃけど!

143キロの速球で松井秀樹を三振にとるとは、40歳高橋健もがんばってますねぇ!

メッツの高橋建投手(40)は0−14の七回途中から登板。八回に先頭の松井秀から空振り三振を奪った。

 渾身(こんしん)の力を込めた速球で勝負した。“サブウエー(地下鉄)シリーズ”初登板となった高橋が八回、先頭の松井秀とメジャー初対戦。カウント2−2から89マイル(約143キロ)の外角速球で空振り三振に仕留めた。

 「こちらで最初の対戦を最高の形で抑えられてうれしい。僕の中では大きな財産になった。力んでしまうのは仕方がないので(捕手の)ミットだけ見ることを考えた」

 敗戦処理でも“不惑の左腕”は自分の投球を貫いた。ブルペンで3度も肩を作らされた末に0−14の七回一死満塁で登板。中犠飛による1点だけに切り抜け、広島時代に78打数22安打(10本塁打)と打ち込まれ「本塁打を打たれたイメージしかない」というゴジラを八回の先頭で迎えていた。

 年齢では5歳上。日本球界の常識では3連戦の初戦に松井秀があいさつに行くべきだが、この日の打撃練習中に高橋から近づいて声をかけた。試合後の会見でも「松井選手」と呼び捨てにしないほど謙虚なベテランは、マウンド上でも速球、カーブ、スライダー、チェンジアップと全球種を駆使。今後につながる記念の三振を奪った。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 08:42 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする