2010年11月01日

祝 マエケン、沢村賞!!!!

『沢村賞の凄さを分かってない』と
年俸2億でもごねてたピッチャーが西武にいたが…

そうならんことを願う…

なんてったってカープなんだからたらーっ(汗)


 じゃけど

援護がカープ打線じゃなければ、15勝以上…
年俸ももっともっと…、
ってことだけは考えるの無しで、いつまでもカープでどーかお願いします。


沢村賞は前田健=セから6年ぶり選出―プロ野球
今季のプロ野球で最も活躍した先発完投型の本格派投手に贈られる沢村賞の選考委員会が1日、東京都内で開かれ、広島の前田健太投手(22)が初めて選ばれた。セ・リーグからは2004年の川上憲伸(中日、現ブレーブス)以来6年ぶり、広島勢では1991年の佐々岡真司以来19年ぶりの選出となった。
 前田健はエースとして活躍し、15勝(8敗)、防御率2.21、174奪三振でセの投手主要3部門のタイトルを独占。選考基準の7項目(15勝、150 奪三振、10完投、防御率2.50、200投球回、25登板、勝率6割)のうち、完投数(6)以外をクリア。特に防御率が評価され、堀内恒夫選考委員長代行は「総意で選考した」と語った。
 選考では、基準のうち6項目を満たしたダルビッシュ有(日本ハム)、5項目クリアの金子千尋(オリックス)との比較になり、ダルビッシュは勝利数(12)、金子千は防御率(3.30)などがマイナス要素となった。
 足のけがで欠席した土橋正幸選考委員長は金子千を推す文書を出し、堀内氏、平松政次氏、村田兆治氏、新任の北別府学氏の選考委員4人が前田健を推した。 


広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 18:13 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。