2010年07月21日

【広島−阪神11回戦 ●】いつ勝つんや!

延長10回の表に2点とって、
その裏、3点とられて逆転負けってちっ(怒った顔)

こんな試合を落としよって、勝てる試合なんかないでぇもうやだ〜(悲しい顔)

 じゃけど!

マエケン一人おらんかったら
前半戦はずっとこんな感じじゃったかとおもうとがく〜(落胆した顔)ゾッとするね。。

マエケンの11勝がなかったら、最下位独走しとったであせあせ(飛び散る汗)


赤松2点適時打で勝ったと思ったのに…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100721-00000020-dal-base
「阪神5‐4広島」(20日、甲子園)
 悪夢が去って、また悪夢じゃ〜。広島は同点の延長十回に赤松真人外野手(27)の2点適時二塁打で勝ち越した。だが、抑えの上野弘文投手(29)がその裏、阪神・林にソロ、鳥谷に2ランを浴び、今季4度目のサヨナラ負け。今季3度目の5連敗を喫した。51年ぶりに球団ワーストを更新する40イニング連続無得点を記録したが、41イニングぶりに暴投で何とか得点。呪縛(じゅばく)は解かれたと思ったが…。
  ◇  ◇
 執念に次ぐ執念を見せたが、最後に暗転した。2‐2の延長十回、1死一、三塁。赤松の2球目に仕掛けたスクイズは阪神バッテリーに外された。だが、赤松は食らいつき、バットを放り出してファウルにした。
 その直後、野村監督がベンチから飛び出た。バットにミットが先に当たって打撃妨害だと審判に抗議。覆らなかったが、目を血走らせる監督の思いが、赤松の血肉になった。
 安藤の4球目を振り抜くと、左中間を抜ける勝ち越し2点二塁打。古巣・甲子園に悲鳴を上げさせた。
 それがまさか。その裏、上野がソロ、2ランを食らいサヨナラ負け。徒労感だけを残し、今季3度目の5連敗となった。「点は取れたけど負けは負け。うーん、キツイですね」。指揮官は、苦しそうに話し、バスへと乗り込んだ。
 前夜は51年ぶりセ・リーグ記録の4試合連続完封負けを喫した。この夜は、三回まで無得点で51年ぶりに球団ワースト記録を更新する39イニング連続無得点。四回も得点できず40イニング連続にまで伸ばした。
 だが、負の歴史も0‐2の五回、ついに終止符が打たれる。倉が安打と失策で1死三塁とすると、指揮官は先発・斉藤に代打・天谷を送る攻めのさい配。これが奏功し、鶴の暴投で41イニングぶりの得点が刻まれた。
 「もっと早めに点を取っていれば、投手にかかる負担も少なかった」と赤松。負のじゅばくは、いつ解けるのか。借金は泥沼の17まで膨らんだ。
タグ:敗戦

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 09:55 | Comment(1) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しばらく見てなかったら凄いことになってるね。これでもまだ五位…。
Posted by a1 at 2010年07月21日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: