2010年03月31日

城島バズーカ、次は赤松でリベンジ

刺した!阪神・城島、4戦目で初バズーカ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000503-sanspo-base


ミス連発・中継ぎ投壊の上に、
足を封じ込められて
あ〜ぁ、これで3連敗バッド(下向き矢印)



城島の肩は見たかった、が。。

  じゃけど!

カープがその初の餌食にならなくてももうやだ〜(悲しい顔)


今日は、赤松で勝負exclamation×2exclamation×2



(セ・リーグ、広島3−6阪神、1回戦、阪神1勝、30日、マツダ)
出た初バズーカ!! 赤く染まる敵地を白球が切り裂いた。虎の城島が今季初めて盗塁を阻止した。

 「栗原の一発もあるケースで、(無理して広島は)盗塁しないパターンだったけど、今年の広島は走ると聞いていた。クソ握りでしたけど、とにかく上にあげないようにね」

 七回裏、二死走者なし。先発の能見が3番・天谷に死球を与えた。次の広島の“一手”は…。ジョーの頭脳がフル回転した。続く4番・栗原の0−1からの2球目だった。天谷の二盗は想定内。だが、送球を行う右手はボールを微妙に握り損ねたという。時間はない。腕全体で投げたような送球はワンバウンドしたが、平野の好捕もあり天谷を刺した。

 横浜との開幕戦(26日、京セラD)でいきなり4安打。2戦目もサヨナラ弾と、神懸かった打撃力を見せた。しかし、3戦目では、カスティーヨに屈辱の2盗塁を許すなど自慢の肩は“なり”を潜めたままだったが、これで“通過儀礼”をひとまず済ませた形だ。

 七回の守備を終えた城島はベンチで、平野に最敬礼。「平野には助かるよね。ほおずりしたいよ」と笑い飛ばした。

 「能見は途中から(球の)角度がよくなった。悪いなりにゲームを作ったね」

 女房役としても、苦しみながらも1勝を挙げた能見をリード。粘りの投球を見せた左腕を称えることを忘れなかった。

 打ってもきっちり2安打を放ったジョー。「シーズンに入ると何より結果」。まだ4戦。戦いは始まったばかり。他球団がなによりも恐れる機動力を封じこめるバズーガ肩が、これからも虎を救うに違いない。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 18:13 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: