2010年02月27日

頼むぞ!ヒューバー

ヒューバー来日1号!恐怖の6番じゃ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100227-00000019-dal-base

まだ1発、しかもオープン戦…

 じゃけど!

ヒューバーには打ちそうというより、
 打ってくれんとォ〜たらーっ(汗)

カープ史上最高の助っ人ルイスの背番号11を継承したのだからexclamation×2

「オープン戦、ソフトバンク6-1広島」(26日、ヤフド)
 広島の新外国人ジャスティン・ヒューバー内野手(27)が26日、オープン戦初戦で左中間へ1号本塁打を放った。打線全体は3安打13三振と振るわない中で、キラリと光る一発を放った。野村謙二郎監督(43)も4番・栗原に続く大砲として期待。5番・フィオレンティーノに続く“恐怖の6番”という構想があることを明かした。
  ◇  ◇
 手応えは完ぺきだった。先頭で迎えた五回。ヒューバーは変則右腕、藤岡の初球、低めのスライダーを迷いなくフルスイングした。左中間席に飛び込むオープン戦1号本塁打。三塁ベンチに戻ると野村監督と笑顔でハイタッチした。
 「いいスイングができた。いい形で打てたけど、まだまだ打席ごとにいろいろ試している段階。結果に気を取られることなくしっかりやっていきたい」。試合後は浮かれることなく淡々と振り返った。
 キャンプ中から日本の投手の配球の傾向を学んできた成果が出た。この日も四回、藤岡の投球を頭にインプットして打席に入った。「うちの打者がスライダーに手を焼いてたから、追い込まれる前に打ちにいった」。この日、チームに合流した、ロイヤルズ時代のチームメート、ベイルからも日本の投手について教わることが多い。「彼は日本での経験もあるから、プラスになるよ」と頼りにしている。
 昨年のWBCでは豪州代表の4番として活躍した。そのキャリアにたがわぬ一発。野村監督も「(栗原)健太と一緒で、大きいのを打てる。そういう印象を与えたのはいいこと」と手放しで喜んだ。
 さらに打順についても「(4番)健太の後に率を稼げる(5番・フィオレンティーノ)がいて、(6番)ヒューバーがいればビッグイニングになる」と明かした。この日の打順どおり、シーズンも“恐怖の6番”として、打席に立つ可能性がありそうだ。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 15:24 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: