2010年02月25日

これぞ野村新体制!強いカープ復活にはまず練習量

広島、野手全員3時間バット振りっぱなし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000022-dal-base

久々にカープのキャンプらしいフレーズですね! “地獄の…”わーい(嬉しい顔)

監督が野村に変わったんだ〜と実感させられる。
悲鳴すらゆるされず「うるさい」と一喝、口にテープって。。 いいじゃんexclamation×2

厳しい練習の復活=強いカープの復活

となりますように!!


  じゃけど

ブラウン時代のゆとり世代が、ケガをしないかだけが心配だ病院


野村カープが24日、地獄のキャンプ打ち納めを敢行した。ランチ後3時間、全員がフリー、ティー、ロングティー打撃と休む間もなくバットを振りっぱなし。25日のキャンプ打ち上げ前の猛烈追い込みに選手らは悲鳴を上げ、地面にひざをついた。
  ◇  ◇
 想像を絶する地獄の打撃デーだった。今キャンプ初めて、ランチ後の練習はすべて打撃。野手陣は12時半から3時間、ひたすら振り続けた。
 A、B班に野手全員を分け、メーンの天福球場と室内練習場で交互にフリー、ティー、ロングティー打撃を延々と繰り返した。前田智、石井、外国人以外の選手はこれで終わらない。
 広島名物の連続ティー打撃が待っていた。息つく間もなく、上がるトスを100球近く打ち込む。「頑張れ」と内田打撃コーチがゲキを飛ばす中、そこかしこから若手の悲鳴が上がった。
 山本芳は野村監督から「うるさい」と言われ、口にテープを張られ、悲鳴すら許されず。「ウーウー」と、うなり声を上げながら打ち切った。最後の1球を打ち終えた広瀬は、両ひざを地面につき、放心状態だった。
 貧打解消へ、今キャンプは振り込む量が激増したものの、普段は守備、走塁練習もあり、全体での打撃メニューは1時間程度。居残りで特打する選手も多いが、野手全体での打ち込み時間は異例の長さだ。
 野村監督は「実戦になってくると振り込む量は少なくなるからね」と、意図を説明した。
 野手の前に行われた投手陣のフリー打撃では、自ら打撃投手を務め、コーチ陣も打撃投手を買って出た。キャンプ打ち上げの25日は帰広組と福岡でオープン戦に出場する組に分かれ、帰広組は半日練習になる。全員そろっての終日練習はこの日が最後。だからこそ総動員での“打ち納め”だった。
 「連続ティーとか意味ない、と思うかもしれないけど、その意味ないことがあとで生きてくる」と、野村監督。松本や会沢は「キツイけど振り込みは大事。続けていく」と、口をそろえた。指揮官の意識改革は確実に浸透している。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 15:55 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: