2009年07月27日

栗原幻のホームラン&永川

栗原 球宴初アーチをファンが幻にした
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090726-00000014-dal-base

栗原のオールスター弾が幻となってしましましたねバッド(下向き矢印)
例の52歳会社員さんは大丈夫でしょうか、相当ファンの怒りをかってそうですが…

まぁフツーのホームランより、伝説として語り継がれるだろうし、
今後もオールスターのたびに取り上げられそうだから、これはこれで…


  じゃけど!

それより、腹立つのはバックネット裏で、携帯もって手を振りよる、ええ歳したおっさん。
これはオールスターに限らず中継のたびに、あまりの愚かさに悲しくなってくる。。

テロップで名前と電話番号を流してやれば懲りてくれるのかな


補足:永川眠い(睡眠)
いきなり0-3にした時はオイオイとも思ったが、打ち取ってホッしたのに。なんだか今シーズンを象徴するかのような姿が!
THE永川劇場でしたね。

「オールスター第2戦、全セ4-7全パ」(25日、マツダ)
 カープファンに本塁打を台無しにされた。広島・栗原の球宴初アーチは“幻”に終わった。「いったと思ったけどね。感触はあったんで」。“同点2ラン”がただの二塁打となり、悔しさをあらわにした。
 予告通り本塁打狙いのフルスイングで沸かせた。六回。金子の147キロをとらえた打球はバックスクリーン左へ。ぎりぎりスタンドに届いた。だがファンの手に当たり、グラウンドへ。二塁上で何度も首をひねった。
 このときはまだファンに手に当たったのを知らなかった。六回終了後、本塁打だったことを知らされた。「最初は長谷川選手に当たったと思ってたんだけどね。オレは受け入れられないのかな」とぶ然。悔しさが倍増した。
 捕球さえしていれば判定も本塁打だった。それを幻にしたファンは広島市在住の52歳の会社員。「よりによって栗原選手のを…。捕れませんでしたね」と平謝りだ。
 試合前の本塁打競争決勝で先に5本を放ったが、6本を放った中村に逆転された。ここでもツキがなかった。それでも「声援もたくさん頂きましたし、うれしかったです」。ホロ苦い経験をバネに後半戦の活躍を誓った。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 10:10 | Comment(2) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3位を狙ってシーズンを送る球団は、カープしかないですよ。

終わった事を引きずって楽しいですか?
ホームラン如きでガタガタ言うなよな。
Posted by ジャイアンツの大ファン at 2009年07月27日 11:02
このカープの戦力を見て優勝を期待はフツウしないでしょう?
いいんじゃないですか、球団なりの目標があって。

全員が東大を目指さなくても、自分にあった地元の名もない学校に入るだけでも今の僕たちには、それでも精一杯で十分なんです。(すみません分かりづらい例えで…)
Posted by ★じゃけど at 2009年07月31日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: