2009年06月24日

カープが本気になった!億単位で補強、ドーマン解雇

広島新助っ人獲り!フィリップス!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000017-dal-base

億単位の補強でフィリップス!?カープの本気さが伝わってきますねぇ〜

  じゃけど!

ドーマン、もうちょい頑張れると思ったけど。。
シュルツと2人で頑丈なセットアッパーをしてほしかったが、残念。

防御率17点じゃぁがく〜(落胆した顔)

広島が米大リーグ、ホワイトソックス傘下3Aのシャーロットに所属し、現在はFAのアンディー・フィリップス内野手(32)を獲得する方針であることが23日、明らかになった。また、スコット・ドーマン投手(31)の解雇を発表した。球団はこの日、フィリップス内野手についての身分照会の回答を受け、本格交渉を開始。近日中に合意に達する見込みだ。今後もさらに外国人の中継ぎ投手を補強する方針。松田元オーナー(58)は、大型補強で新球場元年に最低目標のAクラス入りを果たす意気込みを示した。
  ◇  ◇
 クライマックス・シリーズ進出は逃せない。いや、絶対に逃さない。広島の強い意欲がドーマンの解雇、フィリップスの獲得へとつながった。
 松田オーナーが語気を強めた。「今年は素晴らしい球場を造ってもらった。選手に頑張ってほしいし、勝たないとファンに申し訳ない。いつもなら短期のチーム作りは考えないが、新球場元年の今年1年に限っては短期でという気持ちが強い。フロントとしてはでき得ることはやりたいということ」。
 61試合を消化して勝率は5割。3位・中日と1・5ゲーム差につけている。チャンスもある。だからこそ、新球場元年限定とした上で“育成”を身上とする方針とともに、あえて球団は動いた。
 獲得へ向かっているフィリップスは、球団関係者が「オフに交渉した場合は(年俸は)億を超える」と話す“大物”。球団の評価は以前から高く、過去にも獲得に動いたが、メジャー志望が強く断念した経緯がある。合意に達すれば、広島がシーズン中に野手2人を獲得するのは初となる。
 実績は十分だ。大リーグでは通算259試合に出場して打率・250、14本塁打、70打点。04年からの4年間はヤンキースでプレーした。03、04年に広島に在籍したシーツのような打率を残せるタイプの打者で、打線のカンフル剤として期待される。守備は一、二、三塁と外野もこなせるため、三塁が中心のマクレーン、シーボルとの併用も可能だ。
 来日1年目で日本を去ることになったドーマンは、9試合に登板して防御率17・28。セットアッパーとして期待されながら本来の力を発揮できなかった。広島が新外国人選手をシーズン中に解雇することは異例のことで、00年5月にカンバーランド投手とボール内野手を解雇して以来だ。契約上、ドーマンに対しては今年1年分の年俸を支払うことにもなるが、「それも覚悟の上。勝てる可能性があるなら投資はしていきたい」と松田オーナーは次なる補強のために枠を空けた。
 フィリップスが入団した場合、支配下登録選手は68人となる。まだ2枠が空いており、現在調査中の左1人、右2人の外国人投手が1枠に当てはめる可能性が高い。もう1枠はトレードなど有事に備える。今季の目標は最低でもCS進出。球団は最大限の努力を尽くす。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 09:58 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: