2009年06月09日

緒方の祝1500本ダメ押しタイムリーで楽勝のはずじゃぁ?

緒方1500安打!おまけに3位浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000020-dal-base

緒方のダメ押し1500本安打タイムリーもでて、勝った!
と油断してたら、あらあら。。

永川〜!!
1点差まで追い上げられて、危なぁ〜
なんとか逃げ切りましたが、ヒヤヒヤでしたねぇ。。

  じゃけど!

喜ばしい記録のような、悔しいような。
ケガさえなければ、2000本も間違いなかっただろうし…
これからも勝ちに繋がる1本1本、期待してます!

「広島6-5オリックス」(8日、尾道)
 広島・緒方孝市外野手(40)が8日、オリックス(4)戦(尾道)の八回、清水から中前2点打を放ち、プロ23年目で通算1500安打を達成した。プロ野球史上102人目。最年長緒方のダメ押し打でチームも5月2日以来の貯金1。3位に浮上した昇り鯉が、まだまだ勝ち星を量産する。
  ◇  ◇
 一塁ベースを回ると緒方は両手をたたき「やったぞ」と心の底から叫んだ。尾道のスタンドから地鳴りのような大歓声がわき起こる。花束を高々と突き上げながら、一塁側のカープファンに深々とおじぎを繰り返した。
 88年9月17日の阪神戦でプロ初安打を記録してから、積み重ねた安打数は1500に到達。「2000本とは違うんだから、大げさなんだよ」と照れ笑いを浮かべた。勝利のハイタッチ後、ベンチ裏控室にブラウン監督、チームメート、裏方さんが集まり、ビールで乾杯。祝福を受けると、勝負師の顔は優しい顔に戻っていった。
 悲願のクライマックスシリーズ進出を目指すチームのため、何としても打ちたかった。八回。赤松の左前適時打で勝ち越して、なおも二死満塁。代打で登場すると、清水のシュートに詰まりながらも中前へ運んだ。2点適時打で追加点。最後はオリックスに1点差まで迫られただけに、貴重な一打となった。
 プロ23年目。12月に41歳を迎えるチーム最年長は、若手以上の練習量で体をいじめ抜く。一切の妥協をしない。速い球に振り負けないように通常の打撃練習後、室内にこもり、通常のマウンドの位置より3メートル前から投げさせ、練習を行うのが日課となっている。「こうして練習を続けてこられたのは裏方さん、みんなのおかげ。家族にも感謝したい」。スパイクも両足の負担を軽減できるように樹脂製のものに変えるなど、努力を尽くした結果だ。
 今季の開幕前、首脳陣からはレギュラーではなく、代打の切り札としての役割を告げられたが「代打でもしっかり準備しないといけない」と受け入れた。カープ最後の優勝(91年)を経験している現役最古参は「チームの勝利に最後の最後まで貢献できるように1本でも多く打ちたい」ともう一度優勝の美酒を味わうためにも、打ち続ける。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 13:49 | Comment(1) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
緒方選手おめでとうございます。
ほんと、怪我さえなければ軽く2000は超えている選手ですよね。
怪我との闘いで見せてくれた不撓不屈の精神はファンに感動を与えてくれましたね。まだまだ現役でやれるんじゃないですか。

永川やばかったですね。ていうか、いつもの事でこっちも慣れてきたので、大丈夫とは思っていましたが。ちょっと、ここにきて投手陣不安定になってますよね。こういうときは、昨日みたいに打線と守備で野手が補ってもらいたいです。
昨日は広瀬のレーザービームがチームを救いましたね!ぶちかっこえかった!
Posted by a1 at 2009年06月09日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: