2009年03月24日

WBC優勝、何やかんや言っても、やっぱりイチロー!

<WBC>日本、世界一連覇! 宿敵韓国を延長十回5−3で破る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000032-maiall-base

何やかんや言っても、やっぱりイチロー!!
素晴らしい決勝打でした!しかも期待通りの4安打!

ダルビッシュが同点に追いつかれたときは、もうダメかと正直、少し諦めそうになりましたが…

  じゃけど

一番ホッとしてるのは、栗原?
原監督の大抜擢に、満塁の追加点の大チャンスでまさかのゲッツー。
もし負けてたら、追加点を取れんかったからと言われても仕方のない所。

全てひっくるめて本当によかった!

岩隈もナイスピッチング!!

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦日本−韓国は23日、米ドジャースタジアムで行われ、日本は延長十回にイチローの一打が出て、5−3で破り、世界一の栄冠をつかんだ。原監督率いる侍ジャパンは、王貞治監督が率いた06年の第1回大会に続く連覇となった。


 韓国とは今大会4戦して2勝2敗の5分の成績で迎えた。同点で迎えた延長十回、日本は2死二、三塁からイチロー(マリナーズ)がセンターへタイムリーヒットを放ち、2点を勝ち越し。そのまま逃げ切った。

 試合は日本が初回、三回1死一、三塁で小笠原(巨人)がライトへタイムリーを放ち1点先制。その後、同点に追いつかれたが、七回無死一、三塁から中島がレフトへタイムリーを放ち、勝ち越した。さらに八回には、1死二、三塁で岩村(レイズ)がレフトへ犠牲フライを放ち、貴重な追加点を上げた。

 韓国は五回、唯一の米大リーガーである秋信守がセンターオーバーの本塁打を放ち、八回には1死三塁から李大浩のセンターへの犠牲フライで1点差に詰め寄り、先発・岩隈(楽天)は降板。さらに、九回から登板したダルビッシュ(日本ハム)を攻め、1死後、金賢洙、金泰均が連続四球。2死一、二塁として李机浩がレフト前へ同点タイムリーを放ったが、延長戦で力尽きた。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 14:57 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: