2009年03月06日

中国相手にこの打線で4点かぁ。。

イチロー5タコ 日本、中国に勝利も連覇へ不安http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000511-sanspo-base

勝つには勝ったけど、こんなもんなの…って感じが残る

これだけのオーダーをそろえて、中国相手に4点??
カープが単体で出場しても4-0くらいでは勝てるじゃろ…

まぁ前田・野村・緒方・江藤・ロペス・町田がそろっていたカープの豪華打線の時でも完封負けする事もあったわけだから、打てない事は当然あるだろうけど…

  じゃけど

なんかやっぱり物足りない。原因はイチローかな??

投手陣はさすがでしたね!
涌井、山口、田中、出てきてすぐヒット打たれて、どうなるかと思ったけど、併殺(田中は外野フライで打ち取り)で、その後はピシャリ!

あ〜後、
9回のキャッチャーは城島の代走から、石原でも良かったじゃろうと思った。

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1ラウンドA組(日本代表4−0中国代表、5日、東京ドーム)大会連覇を目指すWBC日本代表は中国代表と開幕戦で対戦、4−0と完封勝ちした。

日本代表の先発は昨年16勝を挙げたダルビッシュ有(日本ハム)、前回大会に優勝に大きく貢献したチームリーダーのイチロー(マリナーズ)は強化試合では打撃不振だったが、打ち慣れた打順の「1番・右翼」で先発出場。対する中国代表は国際経験豊富なベテラン、李晨浩。

 日本代表は三回、中島が四球を選び、青木の打席で二盗。一死二塁から青木は中前打を放ち、中堅手が後逸する間に先制。続く稲葉の遊ゴロで青木は本塁で憤死したが、村田が左越えに豪快な2点本塁打を放ち、この回3点を奪い主導権を握った。日本は六回にもボークで1点を追加した。

 先発のダルビッシュは4回を無安打無失点、続く涌井、山口、田中、馬原、藤川も中国打線を5安打、無失点に抑える完封リレーだった。

 しかし、トップバッターに座ったイチローは5打数ノーヒット。外野には一度も打球が飛ぶことがなく復調の兆しが見られなかった。打線も5安打を放っただけで、4回以降はわずか1安打に抑えられ不安を残した。

 WBCは16の国・地域が参加。1次ラウンドは4チームずつが4組に分かれて争われる。日本は韓国−台湾(6日)の勝者と7日に対戦。これに勝てばA組2位以上が確定し、米国での2次ラウンドに進出、準決勝を経て決勝は23日(日本時間24日)に米ロサンゼルスで開催される。


タグ:WBC イチロー

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 11:16 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。