2010年12月27日

おらんなった選手がカレンダーに(横浜)

横浜のカレンダーは

表紙 佐伯…戦力外で中日に
3月 寺原…オリックスに
6月 内川…ソフトバンクに


印刷が間に合わないとは言え、シーズン前からなんだかチグハグですねぇ。。


 じゃけど


反対に補強できた選手も入れられんし、

野球のカレンダーは、ペナント開始に合わせた4月始めの
カレンダーで作ってもおもしろんじゃないかな??

新外人やルーキーなんかも、オープン戦で写真撮って入れることができるし。



移籍選手が主役に、ベイとマリノスのカレンダーに異変/神奈川
ファンに人気の、横浜ベイスターズと横浜F・マリノスのオフィシャルカレンダーに“異変”が起きている。両チームとも、年末になって主力選手の移籍や戦力外通告が相次ぎ、カレンダーの主役が2011年にはチームにいない、という事態になった。作製スケジュール上、やむを得ないのだが、カレンダーを見ながら「今年も応援するぞ!」と気合を入れるファンの心境は複雑なようだ。

 ベイスターズのカレンダーには、来季の主将・村田修一内野手ら計36選手の写真が掲載されている。表紙には戦力外通告を受け中日に移籍した佐伯貴弘内野手の顔があり、3月はオリックスに移籍した寺原早人投手、ソフトバンクへ移籍の内川聖一内野手は6月のメーン写真となっている。大量8人に戦力外通告したマリノスも5・6月に松田直樹選手、7・8月に山瀬功治選手と、退団が決まった元日本代表が並ぶ。

 ベイスターズによると、カレンダーは11月23日のファン感謝デー前の発売開始を計画していたため、人選の締め切りは10月5日だった。作製責任者の球団幹部は「移籍するかどうかは読めなかった」と説明。マリノスの作製責任者も「2010年の活躍で(人を)決めている。来季の陣容が決まってからではカレンダーは作れない。申し訳ないとは思うが」と話す。

 だが、カレンダーを購入するファンの思いはさまざまだ。横浜スタジアム(横浜市中区)近くの「横浜ベイスターズキャラクターグッズショップ」で聞いたところ、女性ファン(63)は「やっぱりヘンよね。(内川、寺原選手の)写真を見ていると、なんだか寂しくなっちゃうわ」。特に内川選手は交流戦が行われる6月に登場するだけに、男性ファン(73)は「交流戦で(ソフトバンクの)内川に打たれて負けたら、カレンダーに八つ当たりして引き裂いちゃおうかな」と苦笑いだ。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 11:56 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする