2010年10月08日

【広島−巨人 24回戦●】マエケン、巨人相手に5者連続奪三振!

7回3失点、16勝目 勝たせてやりたかったなぁ〜

 じゃけど

最多勝・防御率・奪三振、投手三冠!
一年間お疲れ様でしたexclamation×2



契約更改どぉなるんじゃろ?

シブチンカープじゃけど、
廣瀬と梵、木村以外はアップはおらんじゃろうから

永川・大竹・栗原の分をマエケンにドッとexclamation×2

あと黒田獲得用にも残してるんるん

マエケン、投手三冠へ「できることはやった」
広島・前田健太は7日、巨人戦に先発したが、7回3失点で敗戦投手となり、16勝目はならなかった。ただ、8三振を奪い、最多勝、最多奪三振、最優秀防御率の三冠をほぼ確定的にした。今季通算は28試合に登板して、15勝8敗0S・215回3分の2・174奪三振・防御率2.21。
「三振を狙える場面なら狙っていく」と試合に臨んだ前田。5者連続を含む8三振を奪って、「(最多奪三振のタイトルは)まだ分からないけど、僕のできることはやったと思う。中盤は三振をしっかり取れていたので」と振り返った。
タグ:マエケン

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 08:58 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月07日

【広島-ヤクルト 23回戦●】天敵館山

中日・阪神に苦手は相変わらずで

そこにヤクルトまで加わるんかちっ(怒った顔)

館山、抑えられっぱなしですね


 じゃけど

斎藤も館山に負けないナイスピッチングでしたexclamation×2

館山4完封!ヤクルト6年ぶり貯金確定
(セ・リーグ、ヤクルト2−0広島、23回戦、ヤクルト14勝9敗、6日、神宮)ヤクルトは6日、広島23回戦(神宮)に2−0で快勝。残り2試合で貯金4とし、今季の勝ち越しを決めた。先発の館山昌平投手(29)が5安打完封で12勝目(7敗)。今季4完封目で、球団では1993年の伊藤智仁現投手コーチ(39)以来、17年ぶりの快挙を達成した。今季最終登板で規定投球回にも到達、来季につながる1勝となった。

 最後は外角151キロの直球で、会沢を見逃し三振。ウイニングボールを手渡され、館山はようやく表情を崩した。

 「正直、ホッとしている部分がある。故障で離脱したけど、それを含めて、それまでの選手だと思われたくなかった」

 今季の最終登板を最高の形で締めた。6回1失点だった9月30日の広島戦(マツダ)は内角中心の攻めだったが、この日は「外角の反応が良くなかったので、タテさんと『無理せず行こう』と話していた」と捕手の川本。広島打線の裏をかく外角中心の配球で、散発5安打に抑え込んだ。

 リーグ単独トップの4完封。球団では93年の伊藤(現投手コーチ)以来17年ぶりだ。6月に右足薬指を疲労骨折して約1カ月離脱して、驚異の巻き返し。投球回数も147回2/3で規定投球回にも到達、防御率2・93でリーグ3位に躍り出た。

 チームも残り2試合で71勝67敗4分けとなり、6年ぶりの勝ち越しが決定。小川監督代行は「勝ち越しという“証”を残したかった。貯金は選手のがんばり」と胸を張った。最大借金19を帳消しにする“準メークミルミル”を達成し、小川ヤクルトは来季に大きな手応えを残した。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 10:52 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月06日
2010年10月05日

物足りない6番打者の成績が21本塁打60打点って

巨人・原監督「今年は6番がダメだった」

確かに、投手陣の弱体とともに、打線にも穴ができたね。


ってちっ(怒った顔)

 じゃけど

今季ここまで6番で先発した9人の成績は打率・263、21本塁打、60打点。

って、

21本塁打60打点って。

カープにおったら十分な4番候補じゃがあせあせ(飛び散る汗)



「6番・坂本」!原監督、2位死守へ打順変更
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101005-00000000-spn-base
巨人・原監督が賭けに出た。4日、川崎市のジャイアンツ球場で練習した指揮官は、坂本を6番に置いた新打線で臨む考えを示唆。CSを控えた残り3戦で異例の打順変更に「坂本?昇格人事で6番で出そうと思う」。

 最近4試合の19打席で12度もフライアウトに倒れていた1番・坂本を2日の横浜戦(東京ドーム)後に「ポップフライ病」と酷評したが、今季3本のサヨナラ弾を放っている勝負強さは買っていた。「今年は6番がダメだった」と原監督。今季ここまで6番で先発した9人の成績は打率・263、21本塁打、60打点。昨季の打率・299、30本塁打、86打点と比べて差は歴然だった。

 坂本はラミレスから助言を受けてタイミングの取り方を修正。「1番でも6番でも任された打順でしっかりやるだけ」と意気込んだ。代役の1番は長野、脇谷らが候補となる。2位でのCS進出に向けて負けられない状況で行う打順変更は、果たして吉と出るか凶と出るか。

 ≪今季は9人が「6番」も…≫今季ここまでの巨人で先発6番を務めたのは9人。最多は52試合の長野で成績は打率・274、10本塁打、22打点。以下エドガー35試合、高橋19試合、谷17試合と続く。先発6番の合計成績は打率・263、21本塁打、60打点。同7番の打率・293、18本塁打、67打点と比較すると、やや物足りない数字だ。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 16:16 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月02日

【広島-阪神 22回戦○】今年一年の負けっ放しだった阪神への最後の逆襲!

今年初めて阪神に快勝しましたねわーい(嬉しい顔)

しかもソリアーノ完封!


阪神にはええとこなく負けっ放しのイヤな感じでしたが、

優勝絶望をくわえる一戦で快勝exclamation×2 爽快ですねグッド(上向き矢印)

優勝争いがしたいと出てった25番のヤツを広島で懲らしめれたしね


 じゃけど


そもそも

阪神が優勝争いをしてんは、カープからいっぱい貯金したおかげかもうやだ〜(悲しい顔)


 中日の優勝は、カープが阪神戦よりもブザマな負けを繰り返したからかたらーっ(汗)

アニキでゲームセット…虎 5年ぶりVならず
【阪神0−5広島】最後は阪神・金本のバットが空を切った。シーズン139試合目。5年ぶりの優勝が消えた真弓監督は「まだまだ一試合一試合勝っていきます」と言葉を絞り出したものの、疲労は隠せなかった。

 守護神・藤川が逆転3ランを浴びる衝撃的な敗戦から一夜明け、阪神ナインにそのショックをはね返すだけの力は残っていなかった。プロ未勝利だった広島先発・ソリアーノの前にわずか4安打に抑えられ零敗。「前夜の敗戦を引きずったのか」との問いに指揮官は「そやね」とうなずいた。3打数無安打の城島は「2位はまだ残っている。大きな目標もある」と自らに言い聞かせるように球場を後にした。

 就任2年目の今季は早くから周囲に「優勝する」と公言していた真弓監督。帰りのバスへ乗り込む際にはファンから「やめろ」のバ声も飛んだ。「まだまだ、1試合1試合を一つずつ勝っていく」。この悔しさはCSで晴らすしかない。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 08:30 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月01日

【広島-ヤクルト 22回戦○】やっぱり9回もマエケン

8回を終わって1-0

120球を投げてても、9回を任せられるんはマエケン以外におらんじゃろexclamation×2


 じゃけど


シーズン終盤、タイトルをかけた大一番、館山との投げ合いで
完封してしまうマエケンは、改めてすげぇグッド(上向き矢印)


黒田カープ復帰、大竹復活、三冠投手マエケンで右腕3本柱を来年は期待exclamation



マエケン15勝!完封で最多勝『当確』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101001-00000020-dal-base
 「広島1-0ヤクルト」(30日、マツダ)
 広島・前田健太投手(22)が1‐0のしびれる完封勝利を飾り、リーグ最多勝に当確ランプをともす15勝目を手にした。防御率2・16、166奪三振もリーグトップを独走。赤ヘル史上初の“投手3冠”が、いよいよ現実味を帯びてきたが、若きエースはお立ち台で「僕は狙います」と高らかに宣言した。
  ◇  ◇
 勝負どころを敏感にかぎ取った。八回だ。前田健は先頭の青木に安打を許す嫌な展開から、2死三塁とされ、迎えるは4番・ホワイトセル。マウンド上の勝負師は、ちゅうちょなく振りかぶって投球した。
 追い込んでから、ギアが一段上がる。この日最速の148キロでファウル。さらに148キロを連発。最後は130キロスライダーで一ゴロ。一塁・栗原から返球を受け、ベースを踏んだマエケンは、グラブをたたき喜んだ。「ここを抑えれば、という気持ちでいった。直球が続いたし、目先を変える意味でもね」と、してやったりの表情だ。
 九回は梵、広瀬の好守連発で助けられ、136球の熱投。5月15日・日本ハム戦(マツダ)でダルビッシュに投げ勝って以来、今季2度目の完封勝利を挙げた。
 「きょうは完封を本気で狙っていた。相手が館山さんだったし」
 エースの意地で負けられなかった。前回、23日のヤクルト戦(マツダ)では8回3失点で7敗目。チームも館山には07年8月10日(広島)に勝って以来、6連敗中だった。
 前日には「そういうのを破るのは楽しい。(スコアは)1対0の気でいく」と、負の記録打破へ気合をみなぎらせていた。有言実行のエースは「勝つためには完封と思っていた。(負けられない)こういう試合で勝てるようになったのは成長」と、力を込めた。
 広島では2008年・ルイス以来の15勝。ライバルの阪神・久保、中日・チェン、ヤクルト・石川に2勝差を付け、最多勝に当確ランプをともした。防御率、奪三振も大きくリード。お立ち台で「(3冠を)僕は狙います」と宣言した。
 前夜は高橋の引退試合。セレモニーでは涙を浮かべた。翌日が先発にもかかわらず、大先輩の最後の勇姿を見届けるため、最後まで球場に居残った。「まだなんか昨日の続きみたいだった」と、マウンドには建さんの余韻が残っていた。
 「建さんの意志をしっかり引き継いで投手陣を引っ張っていきたい」。建さんが残した「優勝」への願い。22歳のエースが確かに受け継いだ。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 10:03 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする