2010年10月28日

【ドラフト】沢村より大石?

沢村じゃなく大石でしたねexclamation×2

6球団競合でバッド(下向き矢印)
沢村だったら、巨人と確立1/2だったのにもうやだ〜(悲しい顔)


 斎藤佑樹=日本ハム
 沢村=巨人
 大石=西武

強いチームは、不思議とクジでも確実に補強していくんじゃねぇふらふら

 じゃけど!

巨人、沢村を単独指名って。。
笑いが止まらんじゃろうねバッド(下向き矢印)

プロ野球のドラフト(新人選手選択)会議が28日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で始まり、4年前の夏の甲子園を制して「ハンカチ王子」として全国を沸かせた斎藤佑樹投手(22)(早大)はヤクルト、日本ハム、ロッテ、ソフトバンクの4球団の1位指名を受けた。

 巨人は1位指名を明らかにしていた沢村拓一(ひろかず)投手(22)(中大)を単独指名し、交渉権を獲得した。

 大石達也投手(22)(早大)は横浜、楽天、広島、オリックス、阪神、西武の6球団が1位指名した。
タグ:沢村

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 17:31 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月25日

【ドラフト】カープが珍しく攻めの姿勢!

珍しく、ドラフトでカープが攻めの姿勢わーい(嬉しい顔)

秘策主義も面白かったが、
正面突破で即戦力獲得、今年だexclamation

沢村をなんとか引っぱってきて、新ストッパーにexclamation×2


もし外してしまっても、この姿勢だけでも評価したい!

 じゃけど

実際、ほんまに外してしまうと、
ただでさえ戦力乏しいカープにとってはカナリ痛いけどあせあせ(飛び散る汗)

広島“特攻ドラフト”で即戦力投手獲り
何が何でも即戦力じゃ!広島が今月28日に行われるドラフト会議で、外れ1位でも競合を覚悟していることが24日、明らかになった。即戦力投手の獲得を目指し、外れ1位には八戸大・塩見貴洋投手、法大・加賀美希昇投手、東京ガス・榎田大樹投手、大阪ガス・岩見優輝投手らを候補にリストアップ。早大・斎藤佑樹投手、大石達也投手ら入札必至の1位が外れた場合にも、リスクを回避せず即戦力獲りへ果敢にチャレンジする。
  ◇  ◇
 広島が、外れ1位もリスク覚悟で攻めて獲る。すでに絞り込んでいる1位候補の早大・斎藤、大石、福井、中大・沢村、仏教大・大野といった“S級投手”を競合で外した場合も、どん欲に即戦力投手獲りを目指す。
 苑田スカウト部長は「チーム方針、チーム事情からして即戦力投手を補強するのは当然」と明かした。外れ1位には八戸大・塩見、法大・加賀美、東京ガス・榎田、大阪ガス・岩見ら他球団でも上位候補に挙がる投手らをリストアップした。
 最近2年は08年に岩本(亜大)、09年には今村(清峰)の単独指名に成功した。ここ10年での3球団以上の競合は99年、入札に成功した河内(3球団)、07年に楽天が獲得した長谷部(5球団)、外れ1位の入札で交渉権を獲得した篠田(3球団)と計3回だ。
 これまでは主に将来性の高い選手を指名してきたが、投手豊作と言われる今年は誰もが認めるいい素材を見逃すわけにはいかない。球団関係者は「現場、ファンのためにも、挑戦です。外れても、もう一回チャレンジという姿勢は持っている」と語る。今回は将来性、伸びしろに重点を置くのではなく、来季開幕1軍入りができる投手を最優先に指名する。
 現場も、複数球団が競合してでも即戦力投手の補強を希望する点で一致。野村監督は「どういう選手がいいかは大野(ヘッド兼投手コーチ)さんとも話はしている」と話し、ドラフト前日のスカウト会議や当日28日のドラフト直前の会議にも出席し、要望を伝えるつもりだ。
 1位、外れ1位とも競合の可能性があるだけに、他球団との情報戦などすでに戦いは始まっている。今季はリーグワーストの防御率4・80と投手力の底上げが必要不可欠だ。「一にも二にも投手の底上げ」と野村監督。人事を尽くし、後は当日、野村監督のくじ運に託す。
タグ:ドラフト

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 09:53 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月19日

嶋、カープ残留。…FAを行使せず?

打率2割6分、14本塁打

首位打者をとった選手としては物足りんが、
首位打者以降の嶋の成績としたら、フツーなんじゃないかな。。


カープに残ってくれたのは嬉しいが、


 じゃけど

FAを行使せず、いつでも出て行ける状態というのは、

カープでもう少し調整して、
復活して首位打者とったら、どっかの縦縞ユニホームを着る気かふらふら



嶋、“カープ愛”FA権行使せず残留
今季国内FA権を取得した広島の嶋重宣外野手(34)が18日、マツダスタジアム内で球団との交渉に臨み、権利を行使せず残留すると表明した。プロ16年目、カープ一筋のベテランは「チームメートと一緒に、今年の悔しさをやり返したい」と“カープ愛”を強調。来季優勝の戦力になる決意を込めた。2004年には首位打者に輝いた赤ゴジラ。今季打率・262に終わった屈辱を晴らすべく、巻き返しに出る。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 15:39 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月15日
2010年10月12日

シュルツ残留!!

期待を裏切った今年の分も来年は頼むぞexclamation×2


シュルツをおいて他に、信頼できるセットアッパーはおらん!


 じゃけど

その後ろは?

復帰してきたら永川なんか???


信頼できるセットアッパー → ハラハラドキドキのストッパーへのリレーたらーっ(汗)


どっちにしても試合が終わるまでは気を抜くなって事じゃふらふら

シュルツ残留!ヘルニア手術も復活GO
広島のマイク・シュルツ投手(30)が来季も残留することが、11日までに決まった。椎間板(ついかんばん)ヘルニアの手術後、9月28日に残留テストを受けたが、首脳陣も及第点を与え、契約を更新することになった。最速156キロ右腕の残留は心強い限り。来季はセットアッパーとしての復活に期待がかかる。
  ◇  ◇
 カープファンにとっては朗報だ。2メートルの長身右腕、シュルツが来季もカープのユニホームを着ることが確実となった。球団の編成関係者は「問題ない。今でも140キロは出ている」と契約更新する考えがあることを明かした。
 今季は絶対的なセットアッパーとして期待されながら、不本意なシーズンを送った。シュルツも“来季こそ”と意気込んでいるという。開幕から抑え不在の中、150キロをコンスタントに超える直球で、7セーブを挙げたが5月中旬に腰痛で出場選手登録抹消。6月に米国へ帰国し、椎間板ヘルニアの手術を受けた。
 9月に再来日後、リハビリを経て28日にマツダスタジアムで残留テストとしてシート打撃に登板。故障明けながら、140キロ前後の直球に変化球を織り交ぜ、岩本、小窪に対して計8打席中、安打性の打球2本に抑えた。故障の影響を感じさせない投球を確認した野村監督、大野ヘッド兼投手コーチも合格点を与えていた。
 シュルツは「自分は日本が好きだし、カープに残って野球がしたい」と残留を熱望。今後は球団と代理人が正式交渉に入るが、契約更新に支障はない。
タグ:シュルツ

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 18:29 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マエケン三冠王!!最多勝、最優秀防御率、最多奪三振

22歳マエケン、

味方はあの歴史的弱体貧打線で
よくもまぁ最多勝をとったもんだわーい(嬉しい顔)
四番栗原の離脱あり、天谷の絶不調、助っ人の大誤算も…


これは並大抵の最多勝とは訳が違うexclamation×2

カープの投手が最多勝を取ろうとしたら、
最優秀防御率は必須ですねわーい(嬉しい顔)


梵の復活3割!盗塁王もあるし、

廣瀬と岩本の台頭

ここだけを思い返したら、ええシーズンじゃった

マエケン投手3冠!22歳での獲得はセ界最年少
広島・前田健が最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の「3冠」を獲得した。球団史上初で、22歳での独占はセ・リーグ最年少記録。「実感はまだないですけどカープ初とか、最年少というのが一番うれしい」と素直に喜んだ。

 ヤクルト・村中とは13個差で最終戦を迎え、万が一の場合に備えてベンチ入りしたが、味方打線が2三振しか奪われず、援護した。4年目で球界のエースに上り詰めた右腕は「しばらくゆっくり休みたい」と本音を漏らした。

 ◇セ・リーグタイトル受賞者の話◇

 ▼広島・梵(盗塁王)1年を通して試合に出て、タイトルを獲れて、励みになります。まだパッとしない(実感がない)けど、日をあらためてでしょうね。

 ▼中日・和田(最高出塁率)タイトルはホームラン、打点、打率のイメージだけど、優勝という状況で出塁できたということは、チームに貢献できたのかなと思う。

 ▼阪神・マートン(最多安打)リーグのレベルが高いところでプレーしてきて結果を残せたのは本当に光栄。ここまでプレーできて球団に感謝したい。もちろん神様にも。

 ▼中日・岩瀬(最多セーブ)このチームだからできたこと。サポートしてくれた方々のおかげで一年間やれた。ことしは何よりも優勝がうれしい。

 ▼中日・浅尾(最優秀中継ぎ)1年間ケガなくやれたのが良かった。中継ぎ陣が注目されたのはうれしい。ホールドなど知らなかった人が多かったと思う。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 09:37 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする