2010年03月18日

今年こそ機動力野球で!

野村スペシャル!梵が本盗決めた!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100318-00000017-dal-base

確か、去年も機動力野球をかかげてオープン戦では走りまくって期待させられたんだよね。
けど、シーズンに入ったら… ちっ(怒った顔)

守りを中心とした機動力野球のはずが、
あまりの貧打にマクレーンを獲得してみたり、とかもうやだ〜(悲しい顔)


今年は、この調子で本当に機動力野球を貫いてください!


 じゃけど!

本盗はええが得点がその1点だけじゃ あせあせ(飛び散る汗)


「オープン戦、巨人6‐1広島」(17日、東京ド)
 鮮やかな足攻を巨人に見せつけた。広島は四回1死一、三塁。梵、天谷の快足コンビが、重盗を決め、先制点をたたき出した。梵はこの回、二盗、ホームスチールでかき回すなど、その走力は健在。開幕2番が決定的な快足打者が、野村監督が目指すスピード野球のキーマンになりそうだ。
  ◇  ◇
 機動力野球を目指す中、梵が2盗塁を含む2安打と、キラリと光る活躍を見せた。宿敵巨人に敗れ、表情はさえなかったが、走塁への収穫のあった1日に、梵は足への自信を深めた。
 「キャンプからやってきたことができましたね。自分は走れないと商売にならないですから、どんどん先の塁を狙っていきますよ」。本番でも足攻めで相手を揺さぶる意欲をみなぎらせた。
 巨人をびびらせた足攻撃は四回だった。藤井から左前打を放つと、天谷の3球目にすかさず仕掛けた。快足を飛ばして、悠々二盗を決めた。さらに藤井の暴投で三進。天谷が四球を選び一、三塁となった場面だ。栗原の3球目。天谷が二塁を果敢に狙い、阿部が二塁へ送球した瞬間、三走・梵が本塁へゴー。アンツーカーの切れ目まで大きなリードを取っていた梵は、鮮やかなホームスチールを決めた。この日の重盗はサインではなく、梵、天谷が先の塁を狙う姿勢で、決めたことに価値がある。
 巨人のような大砲がズラリと並んだ打線ではない。だからこそ、今年は野村監督は機動力を前面に押し出した野球にこだわる。重盗練習も宮崎・日南キャンプから徹底的に繰り返し行ってきた。野村監督は「評価はしますよ。梵は行けると判断したから行ったんでしょう。自信をもってやっていた」と話した。
 昨秋季練習では梵を含め東出、赤松、天谷、木村の快足5人衆には自由に走ることを認めた。足に信頼を寄せる両者が決めた“野村スペシャル”に満足げだ。
 11試合に出場し6盗塁の梵。ソフトバンク川崎と並びオープン戦の盗塁王が確定的な状況だ。全試合2番で出場する男は開幕2番も決定的な状況。塁に出たら何かを起こす。カープ指折りの快足が、チームの得点力を押し上げる。
タグ:本盗

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 16:10 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月15日

ルイス退団、大竹開幕絶望となると、ルーキー今村への期待

広島D1・今村1回1失点、被弾デビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000502-sanspo-base

楽しみな逸材なのは間違いないし、
初登板いきなり被本塁打も、まぁオープン戦だしいい経験として
次代のエースとして慌てずじっくり育ててもらいたい

 じゃけど

ルイス退団、大竹開幕絶望、横山・梅津もピリッとしない、
シュルツも出遅れ気味… がく〜(落胆した顔)


悠長に待ってられんかもあせあせ(飛び散る汗)

見切り発車で一軍合流とならなければええけど ふらふら


オープン戦(広島6−7ソフトバンク、14日、マツダ)昨年のセンバツ決勝で西武・雄星(花巻東)と投げ合った広島D1位の今村(清峰)がオープン戦初登板。先頭の長谷川にいきなり本塁打を浴び、1回2安打1失点。「緊張して覚えていない」とプロのレベルを肌で感じた18球だった。それでも最速は143キロで無四球。15日からの2軍行きの前に、経験させたいという野村監督らの配慮だったが「負けたくないので力を入れた」と真っ向勝負を挑んだ。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 10:15 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月13日

いつまでも前田頼みじゃ、と思いながらも…

前田智、復活ノロシ!656日ぶり弾
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100313-00000001-dal-base

いつまでも前田頼みじゃぁぁ、と思いながらも…

 じゃけど!

やっぱり前田が試合に出て、
そして目の覚める痛烈な一撃を放ってくれると、格段格別に盛り上がるねぇ グッド(上向き矢印)


「オープン戦、阪神1-7広島」(12日、スカイ)
 広島の“侍”前田智徳外野手(38)が、復活へ豪快な狼煙(のろし)を上げた。12日に行われた阪神戦(スカイマーク)の六回に代打で出場。真弓阪神の黄金ルーキー・二神一人投手(22)から右翼席へ3ラン本塁打を放った。08年5月25日のロッテ戦以来、実に656日ぶりの本塁打だった。“代打の神様 ”として、今年は野村カープの優勝に貢献する。
  ◇  ◇
 打った前田智自身も、酔いしれた。復活の狼煙(のろし)を上げる代打3ラン。六回、1点リードしてなおも1死一、三塁で“孤高の勝負師”は打席に立った。そして、獲物を一発で仕留めた。二神の初球真っすぐをドンピシャリ。大きな放物線を描いた打球は、広いスカイマークの右翼席へ飛び込んだ。
 スタンドに入るのを見届けると、クールな男が一塁ベース上で思わず両手を上げ、バンザイ。打球の行方を追い、立ち止まっていた一塁走者・石原を追い越しそうになり、慌ててストップした。喜びを抑えながら、感慨深げにダイヤモンドを1周した。
 ただ、試合後は「コメントできる立場じゃないし、余裕はないよ。頑張らないと1軍に残れない」と淡々と振り返った。08年5月25日(ロッテ戦)以来、656日ぶりの本塁打は、復活への手ごたえあり、笑いありの一発となった。
 昨年は出場機会ゼロ。両足が万全でなく、走るのがままならない中、今年は代打一本で勝負するつもりだ。“カープ版打撃の神様”になるべく、妥協なく理想の打球を追い求めてきた。日南キャンプでは、グラウンド横のテント小屋で、1人黙々と打ち込んだ日もあった。納得のいかない打球には、何度も声を荒らげた。「代打は1球勝負だから、1球の打ち損じもいかんのや」。一昨年は一度も初球を振りにいったことがない中、失投を一撃で仕留められたことに、大きな意義がある。
 慢性的に痛みを抱える両太ももの状態を気づかい、今年は慎重に走り込んできた。まだ、完治には遠い状態だが、代打の切り札として起用するつもりの野村監督は「一発で仕留めることができるのはさすが。チームも盛り上がるね。打球の質はどんどん上がってきてるよ」と大絶賛した。
 復活への階段を一歩ずつ上がっている侍。今年は“代打の神様”として、マツダスタジアムで初アーチをかっ飛ばす日がきっと来る。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 10:37 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月11日

鉄壁(?)の内野5人シフトを喜田剛が打ち砕いた!

喜田剛“ブラウンシフト”引き裂いた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100311-00000019-dal-base

やっぱりブラウン、楽天に行っても奇策好きは相変わらずですね演劇

 じゃけど!


交流戦で見たかったぁ〜わーい(嬉しい顔)
誰もいない外野にボールが転がっていくところ野球


これに懲りて「5人シフトはもうしない!」って事は
ブラウンの事だし、そりゃないか たらーっ(汗)

交流戦でもう一発、喜田剛たのむぞexclamation×2

「オープン戦、楽天5-4広島」(10日、明石)
 広島・喜田剛内野手(30)が、九回無死満塁の場面で敵将・ブラウン監督の奇策・内野5人シフトを破る3点三塁打。九回裏一死で降雨コールドが告げられ、幻の決勝打となったが、7日ロッテ戦のサヨナラ弾に続く猛烈アピールに成功した。開幕一塁獲りへ“剛打”が止まらない。
  ◇  ◇
 昨年までの将が得意とした「内野5人シフト」を完ぺきに打ち破った。4‐5で迎えた九回、押し出しで同点とし、なお無死満塁。途中出場の喜田剛が登場した。
 ここで楽天・ブラウン監督が動いた。投手後方に1人内野手を増やすイチかバチかの守備隊形。何度も自軍として見た光景だ。打席から見る“奇策”は「変な感じだった」と苦笑いしたが、外野2人を中堅と左翼のほぼ定位置に配置したことで火が付いた。
 「オレは引っ張り(が得意)なのに、あのシフトをやられるとは思わなかった」
 対するは160キロ超の剛球を誇る楽天の守護神候補・モリーヨ。だが直球ならめっぽう強い。2球目の153キロをはじき返すと、一、二塁間を真っ二つに破った。打球は無人の右翼をあざ笑うかのように転がり続けた。悠々の3点三塁打。「監督から『低めを狙え』と言われていた。あっち(右翼)に飛んだら長打になるとは思ったけど、速い球をかちっと打ち返すことを考えた」と、会心の一撃を振り返った。
 7日のロッテ戦では、サヨナラ弾を放つなど、打撃は絶好調。打撃機会は少ないが「次の出番をもらうために必死に打つだけ。必死ですよ」と繰り返す。
 残念ながら九回裏に降雨コールドが宣告され、試合は八回終了で成立。九回の攻撃は無効となり、チームの5連勝も、首位も、喜田剛の決勝打も幻となった。
 ただ強烈なインパクトを与えたのは間違いない。「速い投手を打って、チャンスに強いところを見せられたのは良かった」と、今後につながる結果に納得顔。野村監督は「いい集中力だった。みんなが振り遅れる中、一発で仕留めてくれた」と目を細めた。
 一塁手争いにも割って入る勢いだ。開幕「6番・一塁」最右翼のヒューバーは、現在絶不調。オープン戦残り8戦、止まらぬ“剛打”で逆転は十分あり得る。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 10:20 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月05日

復活!前田、今シーズンは雄姿ををみれそうな

前田智、三振復帰も…野村監督は期待
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000004-spn-base

終盤の逆転のチャンスに前田が控えていてくれればこれほど頼もしいことはないけんグッド(上向き矢印)

なにより盛り上がる!

手は尽くしたと諦められるってもんだ。。
イヤイヤ、諦めちゃいかんあせあせ(飛び散る汗)

故障のため昨季1度も1軍での試合出場がなかった広島・前田智が6回に代打で出場した。

 久々の実戦にこの日一番の声援を浴びたものの、141キロの直球に空振り三振に倒れた。ブランクの影響は隠せなかったが、代打の切り札としてチームには欠かせない。前田智は「何もないです」と言葉少なだったが、野村監督は「マツダスタジアムで初の打席だったし、ファンの声援をどう感じるか。調整してきてくれると思う」と期待した。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 09:16 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする