2009年11月28日

「赤松vs天谷、外野レギュラー争奪戦」??

赤松vs天谷、外野レギュラー争奪戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091128-00000019-dal-base

 じゃけど!

AA(赤松・天谷)コンビで外野の定位置争い?
むしろ、赤松・天谷に続く最後の一角のポジション争いでは…

天谷が戦線離脱したときどれだけ心細かった事か!?

未知数のフィオレンティーノ、、、、、シーボルの例もあるし。。。

広島の赤松真人外野手(27)と天谷宗一郎外野手(26)が27日、広島市内の球団事務所で契約交渉に臨み、赤松は900万増の2700万円、天谷は1000万増の2800万円で更改した。来季は新外国人のジェフ・フィオレンティーノ外野手(26)が加入して外野の定位置争いはさらに激しさを増すが、ともに課題を克服してのレギュラー奪取を誓った。

 気持ちはすでに切り替わっていた。契約更改を終えた2人は実績十分の先輩、新外国人との競争を勝ち抜き、来季の定位置奪取を約束した。
 赤松は、はっきりと言い切った。「評価はしてもらったが、レギュラーを奪っていない。東出さんみたいに成績を残して試合に出続けるのがレギュラー。僕は途中出場もある。それじゃ認めてもらえない。(外国人に)負けるつもりはさらさらない」。天谷も「全試合出場を目指したい。自分のやれることをしっかりやりたい」と短い言葉に力を込めた。
 「(2人は)レギュラーっぽい扱いを受けているが、まだレギュラーではない」と話す球団首脳も2人の言葉を喜んだ。新外国人獲得は2人の奮起を促す意味も込められているからだ。
 球団幹部は「(フィオレンティーノ獲得は)試練を与えるためでもある。与えられるのではなく、奪い取ってレギュラーになってほしい。フロントとしては日本人選手が外野で固定されて、“つまらん外国人を獲った”と言われる方がいい」と一層の奮起を願った。
 それぞれ足りない部分は理解している。赤松は「打撃力アップ」。今季は137試合で打率・232、6本塁打、43打点。また、・289に終わった出塁率も課題となる。「打率は・280から上を打ちたい。(中日の)荒木さん、井端さんのように粘りの打撃をしたい」。オフは打撃練習に専念する予定だ。
 天谷は「ケガをしない体作り」に専念する。不慮のケガとはいえ、5月に「右手有鈎(ゆうこう)骨」を骨折し、約2カ月も1軍を離れた。「これまで大きなケガは関節系だった。関節の周りの筋肉を鍛えます」。今季は打率・300、5本塁打、41打点ながら規定打席に到達できなかった。「来季は規定打席で打率3割を打てるように頑張ります」と9年目への目標も掲げた。
 俊足巧打のAKAMATSU、AMAYA。野村野球の申し子と言える「AAコンビ」が毎試合マツダスタジアムを駆け巡れば、悲願の優勝はさらに近づく。
タグ:赤松 天谷

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 16:30 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする