2009年11月06日

永川兄弟でダブルストッパーだ!

永川弟『肉』食ってウッシッシ増量作戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091106-00000019-dal-base

ほんとうに永川弟が入団になったんですねぇ。。

兄弟リレー見てみたいような、怖いようなふらふら

  じゃけど!

兄が四球を連発してたら、「弟に交代!」でどちらかでビシッと締めれるようなダブルストッパー期待しますexclamation×2
育成枠から這い上がれ!!!


広島から育成枠1位で指名された永川光浩投手(22)=龍谷大=が5日、大津市内のホテルで支度金300万円、年俸350万円で仮契約した。189センチの長身から繰り出す角度ある直球が魅力の左腕。まずは兄・勝浩にも負けない体を作るため増量作戦を敢行し、来季中の支配下選手登録を目指す。
  ◇  ◇
 あこがれの球団に入団できる。そう思うとうれしくて仕方がない。広島生まれの広島育ち。生粋のカープファンの永川は「やっと実感がわいてきました」と入団できる喜びをかみしめ、満面の笑みを浮かべた。
 小3から野球を始めた。今やカープ不動の守護神となった兄・勝浩の影響だった。兄の背中を追いかけ、プロ野球選手を夢見てきた。「早く同じ舞台に立てるように頑張りたい」と力を込める。
 育成枠で契約したが、尊敬する兄に追いつき追い越す気概にあふれている。「1年目から支配下で投げられるようにしたい」ときっぱり言い切った。来季、兄とともに1軍ベンチ入りすることを目標に掲げる。
 10月29日のドラフト会議後、兄から「プロは厳しいけど、頑張れ」と電話で激励を受けた。兄・勝浩は7歳年上の長男。三男で末っ子の光浩にとってはあこがれの存在だ。「年が離れている分、かわいがってもらった」という。活躍して兄を喜ばせるつもりだ。
 同じ舞台に立つため、今オフは体重の増量作戦に挑む。身長は189センチで兄と同じだが、体重は78キロで93キロの兄とは体つきがまったく違う。光浩は「ケンカしたら勝てない。85キロまで増やしたい。しっかり食べることが大事だと思う」と来春キャンプまでに体重を増やす考えだ。まずは大好きな肉類を今まで以上に食べる。また、兄をお手本に走り込み、筋力トレーニングを黙々と行い、勝浩級のボディー作りへ意欲的に取り組む覚悟だ。
 大学では2年秋に初めてベンチ入りしたが、左ひじの故障もあって初登板は4年になってから。春に1試合、秋に2試合登板しただけで終わった。しかし「未知数の魅力を感じる。この子だったら面白いという。直球に角度があるし、スライダーのキレもいい」と宮本スカウト。春と秋の登板時に投球フォームをビデオ撮影したが「春と比較して雲泥の差」と急成長を見せる永川に、スカウトとして無限の可能性を感じているという。
 ライバルは阪神からドラフト2位指名された藤原(立命大)だ。同じ左腕として負けられない。兄弟リレーで勝つ日を夢見て、プロの世界へと飛び込む。
タグ:永川兄弟

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 11:09 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする