2009年11月11日

小窪「背番号4」正田を超えるような選手になってくれと願い

小窪 4番は「責任重大」「似合うかな?」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00000016-spn-base

カープの背番号4は、守備のうまい2塁手で、ホームランよりも打率の残せる選手というイメージが強いですね!
というイメージでは、小窪は適任。いい番号じゃないですかわーい(嬉しい顔)
(まぁ、正田のイメージそのままなだけですが…)

 2番ショート小窪、背番号4

もちろん4をつけるからには、3割。できれば首位打者争いができるくらいの活躍を期待ですexclamation×2


ちなみに、背番号「2」はやっぱり慶彦のイメージですね。
ホームランも狙えて盗塁もできる大型内野手。
だからか。。東出に物足りなさを感じてしまうのは。
3割打っててもホームランが期待できないかな。。

 じゃけど!

背番号「2」=瀬戸には驚かされた。。
走れない選手の「2」はイメージが全く結びつんかったバッド(下向き矢印)

12番から4番への背番号変更が決まった広島・小窪は、宮崎・日南での秋季キャンプでは旧番号のユニホームを着用しており「(4番を)まだつけていないので、実感がわかないです。似合うかな?」と照れ笑いを浮かべた。

 チームではかつて水谷、正田といぶし銀の選手たちが背負っていたこともある伝統ある番号。「1ケタはいつかつけてみたい気持ちがありました。責任重大です」と表情を引き締めていた。
タグ:小窪 背番号

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 08:45 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月08日

永川を彷彿させる(?)大舞台でのクルーン劇場

クルーン「光栄」最多タイのシリーズ3S
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091108-00000072-sph-base

最後は、日本一のかかった大場面で、
永川劇場にも負けないクルーン劇場でしたねexclamation×2

いきなり二岡に二塁打を打たれて、稲田に四球。

「こんな光景、カープでよくあったなぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)」と思いながら、どっちを応援するでもなく見てました。

  じゃけど!

最後は三番・稲葉、四番・高橋のクリーンナップを三振にしとめ、
永川劇場とは違う(?)エンディングでしたわーい(嬉しい顔)


最後のマウンドに立っていたのは、やはりクルーンだった。9回2死二、三塁と一打同点のピンチを背負いながら、最後は高橋を空振り三振。3セーブは日本シリーズタイ記録となり、「達成できて光栄。みんなのおかげです」と喜んだ。

 悔しさがあったから、頑張れた。8回2死一、二塁からのイニングまたぎだったが、原監督の期待に応え1回1/3を無失点。第1戦ではセーブを挙げるも、自分の投球に納得できず、帰りのバスで涙した。屈辱を胸にマウンドに上がり、シーズン、CSに続き“胴上げ投手”となった。

 守護神につなぐ中継ぎ陣も、今季を象徴する好リリーフだった。まずは豊田が6回1死から3番手で登板。2死一、二塁としたが、二岡を二ゴロでピンチ脱出。移籍4年目での悲願の日本一に、「巨人に来て本当に良かった。若手に引っ張ってもらって感謝です」と感無量の表情だった。

 7回はCS、シリーズを含め、驚異の80戦目となった山口が登場。8回には昨年のシリーズ第7戦で敗戦投手となった越智がリベンジした。6投手による完封リレーは初の快挙。それぞれが持ち味を発揮し、文字通り日本一の中継ぎ陣となった。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 08:33 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木村拓也が引退。本当にお疲れさまでした。

キムタク引退!来季は1軍内野守備走塁コーチ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091108-00000062-sph-base

内外野どこでも守れるだけじゃなく、キャッチャーもできる
まさにオールマイティなプレイヤー。
しかも、足も速くコンパクトな打撃もできスイッチヒッター、代走や代打、
スタメンでうってつけの2番打者も…

まさにチームに一人いて欲し頼もしい選手。オリンピック代表が証明してる。が反面、
レギュラーをとれそうでも、守備位置を固定してもらえず不遇な面もあったと思います。

最後は、日本一になって、
しかも来期からは巨人の一軍コーチ!
いやぁ〜、これはこれでいい野球人生ですね。
19年間本当にお疲れさまでしたexclamation×2 ビール


 じゃけど!

カープの前は日ハムだったんだよね。
確か、新人王投手の長富とのトレードだったような記憶が。。


巨人の木村拓也内野手(37)が7日、現役引退を発表した。来季は1軍内野守備走塁コーチとして、2年連続日本一を目指す。

 堅実なプレーで日本一奪回に貢献した背番号0がユニホームを脱ぐ決意を固めた。原監督らの優勝会見に続いて壇上に上がった木村拓は、「正直、日本一になれたうれしい気持ちと、もう野球をやらなくていいいんだというホッとした気持ちの両方があります」と複雑な表情であいさつした。

 90年のドラフト外で日本ハムに入団。以後、広島、巨人と渡り歩いてきた。内外野すべてをこなすユーティリティープレーヤー、さらにスイッチヒッターとして活躍した。今季も9月4日のヤクルト戦(東京D)で延長12回、急きょ10年ぶりに捕手を務めるなど存在感を発揮したが、日本シリーズ開幕前に引退を決意した。

 攻守で積極的なプレーが持ち味だった。19年のプロ生活で1523試合に出場。打率2割6分2厘、53本塁打、280打点を残した。「生き残るためにどうすればいいかと毎日考えていた。かゆいところに手の届く選手になろうと思っていた。あっという間の19年間でした」と振り返った。

 今後はコーチとして選手を鍛える。「絶対に後ろを振り向かない気持ちを持った選手を育てられるように、一緒に勉強していきたい」。最後は晴れやかな笑顔で会見を締めくくった。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 08:21 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月06日

永川兄弟でダブルストッパーだ!

永川弟『肉』食ってウッシッシ増量作戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091106-00000019-dal-base

ほんとうに永川弟が入団になったんですねぇ。。

兄弟リレー見てみたいような、怖いようなふらふら

  じゃけど!

兄が四球を連発してたら、「弟に交代!」でどちらかでビシッと締めれるようなダブルストッパー期待しますexclamation×2
育成枠から這い上がれ!!!


広島から育成枠1位で指名された永川光浩投手(22)=龍谷大=が5日、大津市内のホテルで支度金300万円、年俸350万円で仮契約した。189センチの長身から繰り出す角度ある直球が魅力の左腕。まずは兄・勝浩にも負けない体を作るため増量作戦を敢行し、来季中の支配下選手登録を目指す。
  ◇  ◇
 あこがれの球団に入団できる。そう思うとうれしくて仕方がない。広島生まれの広島育ち。生粋のカープファンの永川は「やっと実感がわいてきました」と入団できる喜びをかみしめ、満面の笑みを浮かべた。
 小3から野球を始めた。今やカープ不動の守護神となった兄・勝浩の影響だった。兄の背中を追いかけ、プロ野球選手を夢見てきた。「早く同じ舞台に立てるように頑張りたい」と力を込める。
 育成枠で契約したが、尊敬する兄に追いつき追い越す気概にあふれている。「1年目から支配下で投げられるようにしたい」ときっぱり言い切った。来季、兄とともに1軍ベンチ入りすることを目標に掲げる。
 10月29日のドラフト会議後、兄から「プロは厳しいけど、頑張れ」と電話で激励を受けた。兄・勝浩は7歳年上の長男。三男で末っ子の光浩にとってはあこがれの存在だ。「年が離れている分、かわいがってもらった」という。活躍して兄を喜ばせるつもりだ。
 同じ舞台に立つため、今オフは体重の増量作戦に挑む。身長は189センチで兄と同じだが、体重は78キロで93キロの兄とは体つきがまったく違う。光浩は「ケンカしたら勝てない。85キロまで増やしたい。しっかり食べることが大事だと思う」と来春キャンプまでに体重を増やす考えだ。まずは大好きな肉類を今まで以上に食べる。また、兄をお手本に走り込み、筋力トレーニングを黙々と行い、勝浩級のボディー作りへ意欲的に取り組む覚悟だ。
 大学では2年秋に初めてベンチ入りしたが、左ひじの故障もあって初登板は4年になってから。春に1試合、秋に2試合登板しただけで終わった。しかし「未知数の魅力を感じる。この子だったら面白いという。直球に角度があるし、スライダーのキレもいい」と宮本スカウト。春と秋の登板時に投球フォームをビデオ撮影したが「春と比較して雲泥の差」と急成長を見せる永川に、スカウトとして無限の可能性を感じているという。
 ライバルは阪神からドラフト2位指名された藤原(立命大)だ。同じ左腕として負けられない。兄弟リレーで勝つ日を夢見て、プロの世界へと飛び込む。
タグ:永川兄弟

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 11:09 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月05日

内野のレギュラー争いも熾烈に…

東出二世だ!ドラ4庄司が仮契約1号に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091105-00000022-dal-base

内野のレギュラー争いも面白くなってきましたね!

梵、東出、小窪、石井、そしてルーキー庄司隼人 …
できれば完全復活してもらって尾形にも競って欲しかったが。。

  じゃけど!

どうもいまひとつ寂しい気もあせあせ(飛び散る汗)
慶彦、正田、野村のような重みには欠けるような。。


シーボルをショートにコンバートで大奮起exclamation×2 ないかぁもうやだ〜(悲しい顔)


広島は4日、静岡市内のホテルでドラフト4位で指名した庄司隼人内野手(18)=常葉学園橘高=と契約金4000万円、年俸500万円で仮契約を結んだ。09年度ドラフト指名選手で入団内定第1号。庄司は高校まで投手も、プロでは内野手一本で勝負する。同じ170センチ台ながらチームを引っ張る東出輝裕内野手(29)を手本に将来の遊撃あるいは二塁の定位置獲りの決意を明かした。
  ◇  ◇
 12球団ドラフト指名選手一番乗りで仮契約を終え、晴れてカープの一員となった。庄司は近い将来、鯉の二遊間のレギュラーを奪う決意をみなぎらせた。「(仮契約は)うれしいです。将来、子どもたちに夢と希望を与えられる選手になりたい」。大きな目を輝かせ、希望に満ちた表情で話した。
 常葉橘では1年秋からエースとして活躍。最速149キロの万能選手だが、プロ入りする際の悩みもあった。「身長が低いのが不安。背が小さいとプロになれないと言ってきた人たちを見返してやりたい」という。大型選手に交じり、プレーできるかの心配もあるが、お手本にするのがチームで先輩となる東出だ。“チビ”の愛称をつけられている東出は今やカープのリーダーであり内野のキーマンに成長した。
 「いいところを吸収しながら、成長できればと思います。東出さんも高校(敦賀気比)では投手で、投手から野手になったので、いろいろ話を聞いてみたい」。入団後は早速、弟子入りする決意。投手から野手に転向する庄司にとって、心構えや練習法など学ぶべきことは山ほどある。
 背は大きくないが体の強さは並ではない。小1から野球を始めたが、家庭の方針の下で牛乳は毎日飲み、時には1日2リットル飲み干したことも。
 実家は農家を営んでいるが、自家製野菜とお米、沼津市の漁港から取れた魚をもりもり食べてすくすく育った。母の恵美子さんは「風邪をひいたことがないのでは。ケガもないし、虫歯になったこともない」と目を細めた。野村新監督の下での厳しい練習にも「しっかり守れるように練習したい」と厳しい練習に耐える覚悟はできている。
 高校時代は投手一本。その未練を断ち切り、現在、母校では内野ノックを受け向上に努めている。「中学の時ちょっとやっただけですけど、内野手への楽しみはあります」。数年後の内野のレギュラー獲りへ庄司が決意を新たにプロの世界に飛び込む。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 11:45 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月04日

サード栗原VS堂林

野村監督の地獄ノックに栗原もグロッギー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091104-00000014-spn-base

ルーキー堂林もサードで栗原に挑戦という話題もあるし!
面白くなってきましたね。

栗原が今期みたいにダラダラ低迷が続くようなら、渇入れに堂林を使うのも面白い!


 じゃけど!

やっぱり4番固定でシーズンを通すのが一番いいし、
余計な心配をしないでいいように、来期は安定した活躍を期待exclamation×2


広島・野村監督の地獄の猛ノックに栗原もグロッギー気味だった。練習の最後にナイン全員がグラウンド上に分かれてノックを受けたが、内野の三塁側寄りに「野村コーナー」が設けられ、指名制で次々と選手が呼ばれた。

 野村監督の左右へのノックの個人授業。三塁転向に取り組む栗原は50本以上のノックを受け「足が動かんですよ。捕ることに必死でした」と疲労感を漂わせていた。
タグ:栗原

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 11:22 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする