2009年07月09日

ルイス95球完投で5勝目、シーボル?

「何か持ってる!」栗原“こけら落とし4連発”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000008-spn-base

初回にいきなり失点はしてしまいましたが、
その後は昨年のルイスを思い出させる投球で終わってみれば、
95球の無四球完投!わーい(嬉しい顔)

防御率3点台と、去年のルイスからすると納得できない数字であったけど、
ようやく昨年のルイスらしい、投球にもどってきたのかなぁ

  じゃけど!

これで5勝目!(しかも貧打線の援護で…)
しっかりローテーション守ってくれて、とても頼りになる助っ人には変わりない。

しーぼるぅ〜眠い(睡眠)

【広島3―1阪神】
メモリアル男がまたやった。分厚い雨雲に覆われた新潟の空に、広島・栗原が高く美しい放物線を描いた。杉山のフォークを完ぺきにとらえた初回の11号2ランは新球場・ハードオフ新潟の記念すべき第1号アーチとなった。

 「また1号?ワッハッハ…たまたまでしよう!何か持っているのかな」

 豪快に笑い飛ばしたが、確かに“何か”を持っている。今季は4月7日にリニューアルされた新甲子園第1号を放った。同16日にマツダスタジアムのチーム初本塁打、さらに6月17日は三次で新球場こけら落とし弾をぶち込んだ。それだけじゃない。昨年9月28日には旧広島市民球場のラスト本塁打を記録するなど、立て続けに歴史に名を刻んでいる。

 “こけら落とし男”も打撃は本調子でない。本塁打まで16打席連続無安打中だった。練習日の6日にはフリー打撃後、ケージ裏でブラウン監督と30分にわたって会談。その後は小林投手コーチに投手目線からのアドバイスを求めるほど悩みは深かった。この日も本塁打以降は3打席凡退。それでも栗原は「感じは悪くないし、たまたま結果が出ていなかっただけ。気にしてもしようがないし、自分の打撃を心掛けるだけ」と前を向いた。

 阪神に連勝したチームは新潟県内で82年から28年越しの10連勝。復調気配の主砲のバットがチームを押し上げる。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 12:42 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする