2009年05月30日

オールスター、坂本と赤松で1・2番

原監督明言!オールスターでも坂本は1番!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090530-00000063-sph-base

カープで順当なのは、大竹くらい?
微妙なのが永川で、カープファンの期待はマエケンの出場でしょう!

  じゃけど!

野手が、お、おらん。。
栗原も石原も、そんなオールスター文句なし選出ってほどの成績ではないけれど、地元開催ということで選んではもらえるのかな??
広島で開催しておいて、野手ゼロは寂しいよ!

赤松がいまの好調を維持して、オールスターに選出されて坂本と1・2番を組んでいることを期待しています!
ファン投票締め切りまでに、赤松がんばって3割に!!


敵ながら、坂本はいい選手になりましたねぇ。。

巨人・原辰徳監督(50)が29日、都内で7月24、25日に行われる「マツダオールスターゲーム2009」の発表会見に出席し、坂本勇人内野手(20)をセ・リーグの1番打者に起用することを明言した。3度目の球宴指揮をとる原監督は、自らも新人だった81年に3試合ともリードオフマンで出場している。昨年ファン投票で選ばれて初出場した坂本は、初球からのフルスイングを宣言。30日からの西武戦に向け、敵地で練習した若武者は、昨年の日本シリーズで敗れた相手にリベンジし、球宴へ弾みをつけるつもりだ。

 突然、原監督の目の色が変わった。7月24、25日に行われる夢の球宴で、ベンチ入りさせたい選手の質問に、「坂本がセントラル・リーグを代表する1番として戦えるかを見たい。どうやって強者の中に入っていくか」と力を込めた。現在、打率リーグトップを快走する若武者の名前を真っ先に出し、切り込み隊長で起用する意思を明かした。

 昨年、遊撃のレギュラーをつかんだ坂本は、87年の桑田以来、巨人では4人目となる、10代での球宴出場をファン投票で果たした。「やるからには狙いたい」と86、87年の清原(西武)以来、21年ぶりの10代MVPも狙ったが、2戦合計で3打数1安打。9番と途中出場にも、「周りの人がすごい人ばかり」と話すなど、実力を出し切れないまま夢舞台を終えた。

 今年は違う。開幕から好調を維持し、現在、打率3割5分5厘でリーグ1位。本塁打数も昨季の8本に、あと1本と迫るなどパワーアップを証明している。チームの不動のリードオフマンに定着しつつある20歳に対し、指揮官がさらなるレベルアップを要求した。日本中の注目が集まり、重圧のかかる中の1番打者として、いかに結果を出すかを求めている。

 この日、30日からの西武2連戦に向けて、西武Dで汗を流していた坂本は、原監督からの“指令”を正面で受け止めた。「1番? 光栄です。いつもと違って何も考えなくていいので、初球から思い切りいきたい」と、一発狙いのフルスイングで臨む覚悟を決めた。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 08:56 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする