2009年05月16日

投手が0点で抑えてるのに、それでも勝てないカープ

<広島>投手戦の末、巨人とともに得点できず引き分ける
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090516-00000059-mai-base

こういう1点とれば勝てる試合をのがしていたら、
この打線ではいつまで経っても勝てないよ…

3安打でもいいから、効率よく打って少しでいいから点とろうよ!
1点でいいんだから!

延長10回、ど真ん中を見逃し三振って?マクレーン、頼むで。。

  じゃけど

ルイスはもう大丈夫そうですね!
去年のルイスに戻ったね!

シーボルも…(開幕時の打撃は何だったんだ??)

△広島0−0巨人△(マツダスタジアム=十二回終了規定により引き分け)

 投手戦の末、両チーム得点できず引き分けた。広島はルイスが緩急を生かして7回を被安打4、巨人も内海が速球を内外角に散らし7回を2安打と両先発が好投。ともに5人を送った救援陣も相手を抑え込んだ。一方、打線はいいところなし。無安打の巨人・小笠原は「何もない」。 

 ○…広島は好投の投手陣を、またも打線が援護できなかった。延長十一回、先頭の石原が左前打で出ると代走に木村を送り、サヨナラ勝利への布石を打った。だが、続く代打・松本が送りバント失敗。それでも盗塁と敬遠四球で1死一、二塁とするも、赤松、梵が凡退し勝機を逃した。先発のルイスは「点を取ってくれる時もあれば、そうでない時もある」と打線をかばったが、7試合連続1けた安打とあってブラウン監督は「野手も、ベストを尽くすだけなら誰にでもできる」と手厳しかった。
タグ:カープ

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 21:23 | Comment(2) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうやって勝とうか?

ブラウン監督 奇襲も裏目で借金「4」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090516-00000018-dal-base

今のカープで正攻法でせめても、ねぇ〜
今回はダメでしたが、奇襲や相手の裏をかく作戦、大いに試してほしいものですね

  じゃけど!

青木高は、なかなか勝てませんねぇ。
絶対悪いピッチャーではないと思うんですが…、勝ちが遠いですよね。

いつかは大成すると信じてるので、腐らず頑張レ!

「広島2-5巨人」(15日、マツダ)
 奇襲作戦も実らず…。広島のマーティー・ブラウン監督(46)は、意表を突いて巨人3連戦初戦に中4日で青木高広投手(27)を先発に起用。しかし5回4失点で2敗目を喫した。チームは連敗で今季ワーストの借金4。天谷が骨折で離脱した中、指揮官は野手陣にハングリー精神を持って戦う姿勢を求めた。
  ◇  ◇
 今の低調な打線では、あまりにも重い3失点だった。四回一死一、二塁。青木高の初球真ん中直球の失投は、敵の主砲・ラミレスにものの見事にとらえられた。打球は左中間席へと飛び込み、一塁側ベンチは静まり返った。「あそこの投球がすべて。もっと注意しながら入るべきだった」。巨人戦初戦の大役を託された左腕は、スタンドをぼう然と見つめて悔やむしかなかった。
 ルイスと読んでいた巨人の意表を突き、中4日で青木高を先発で起用したが奇襲作戦は不発に終わった。ブラウン監督は「本当は篠田を先発として登録する予定だったが、残念ながら間に合わなかった。だから青木に先発させた」と説明。左肩痛で1日に抹消された篠田の回復具合が芳しくなく、14日には青木高に先発を伝えた。先発をルイスと予想していたG打線を、1巡目まではパーフェクトに抑えた。しかし2巡目にはつかまり、苦肉の策は実らなかった。
 重い3失点の中で、もうこれ以上負けられないとばかりに不調が続く野手陣は最後までファイティングポーズを見せた。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 10:36 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする