2009年05月12日

マクレーンの絶頂期って?

マクレーン甦れ!ブラウン監督熱血始動
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090512-00000018-dal-base

どの時点を基準に蘇るんだ??
不振といわれても、反対に絶頂期もこれまでなかった気も…
デビュー戦の事?

  じゃけど!

期待してるよー、アレックスばりの活躍!
ホームランはいいから、ランナーをおいた時の勝負強さを発揮してください。

さぁ天敵阪神戦

打撃不振に苦しむ広島のスコット・マクレーン内野手(36)が11日、マツダスタジアムでマーティー・ブラウン監督(46)から直接指導を受けた。ここまで18打席連続無安打の助っ人は、指揮官の熱血指導で復活への手ごたえをつかんだ。好きな球場の一つという甲子園で“目覚めの一発”を放ってよみがえる。

 目覚めの予感だ。打撃練習後、胸のつかえがとれたのか、マクレーンに笑顔が戻った。「自分のバランスでとらえるように修正できたと思う。これまでは甘い球をファウルにしていたけど、しっかりととらえられるようにしたい」と自信が満ちてきた。
 4日・ヤクルト戦の3打席目の左前打を最後に、18打席連続無安打中のマクレーン。打撃不振脱出へこの日はマツダスタジアムで黙々とバットを振った。ブラウン監督も助っ人再生へ付きっきりで熱血指導。フリー打撃、ロングティーではスイング時に体が突っ込まないよう、指揮官直々にお手本を見せた。「日本の投手のことを評価し過ぎている。もっと楽にいけ」とアドバイスされた。
 来日直後の2日・ヤクルト戦では、左翼2階バルコニー席へ140メートル級の特大アーチを放つ衝撃デビュー。しかし、西武在籍以来5年ぶりの来日即スタメン出場が続いたこともあり、疲れはピークに達していた。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 09:56 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする