2009年03月23日

日本アメリカに快勝!また韓国と…

日本、米国を破る!韓国と決勝で対決/WBC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090323-00000508-sanspo-base

仕事中で時々しかテレビで観戦できなかったけれど、
2回テレビをつけたのが、偶然にも4回と9回の攻撃中で得点シーンが全て生で見れた!!
打線が繋がるとやっぱり気持ちいいねぇ〜

9回はイチローにもタイムリーがでて、嬉しいというよりホッとしたよ。
もしイチローの駄目押し打がなかったら、勝ってもスッキリできなかったかも。。

これで決勝の韓国戦は、1番イチローにも期待ができそうです!

  じゃけど

もし、今日のアメリカ戦でイチローが無安打のままだったら、原監督は決勝でも1番はイチローにしたんだろうか…?

9回は「バッター、イチローに代わりまして、代打 栗原」の雄姿をみたい気もした。


第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝(日本9−4米国、22日=日本時間23日、米・ロサンゼルス、ドジャースタジアム)1組1位の日本代表は9−4で2組2位の米国代表を破り決勝進出を決めた。日本は23日(同24日午前10時)に韓国と世界一を懸けて対戦する。


 日本の先発、松坂大輔(レッドソックス)は一回に先頭打者本塁打、三回にも二死から得点を許したが、要所を抑え4回2/3を98球、4安打3三振2失点。

 米国の先発は昨年17勝を挙げたロイ・オズワルト(アストロズ)。日本は1点をリードされた四回に稲葉篤紀(日本ハム)、小笠原道大(巨人)の連打後に、福留孝介(カブス)の痛烈な打球が二塁手ロバーツのエラーを誘い同点に追いつくと、城島健司(マリナーズ)のこの試合2本目の犠飛で逆転。さらに岩村明憲(レイズ)、川崎宗則(ソフトバンク)、中島裕之(西武)の適時打で、この回一気に5点を挙げ、好投手オズワルトをノックアウトした。

 九回には二死三塁から川崎の打球を米国遊撃手ジーターが悪送球し、三塁ランナー片岡(西武)が生還、さらにイチロー(マリナーズ)、中島にこの試合2本目の適時打が生まれ3点を加えた。

 松坂をリリーフした杉内俊哉(ソフトバンク)、田中将大(楽天)、馬原孝浩(ソフトバンク)、ダルビッシュ有(日本ハム)が強打の米国の反撃をしのいで逃げ切った。
続きを読む

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 13:10 | Comment(0) | 広島カープ以外で野球のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする