2009年02月23日

栗原は次のWBCの四番を目指してペナントで頑張る!

イチローら28人選出 WBC日本代表 体調、適応力を優先
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000511-san-base

栗原は残念でした。
だけど、33人に選ばれた事に自信を持って、そして28人に残れなかった事への悔しさをバネにペナントレースは、カープの不動の四番として、WBCで出すはずだった力を存分に発揮してください!

そして次のWBCまでに誰もが認めるJAPANの四番になれるよう、頑張ろうじゃないか!

  じゃけど

亀井の選出には賛否あるようだけど、原監督のチーム作りは“あっぱれ!”ですね。

3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表28人が宮崎合宿最終日の22日、決まった。前回大会で優勝の原動力となったマリナーズのイチローらが選ばれ、合宿に参加した33人のうち、和田毅投手、松中信彦内野手(以上ソフトバンク)岸孝之投手、細川亨捕手(以上西武)栗原健太内野手(広島)の5選手が外れた。

日本代表の原辰徳監督は「(代表候補選手を)削る作業はしていない。(ベストの)28人をピックアップした」と説明。選手選考では、コンディショニングと適応能力を優先させた。

 4位に終わった北京五輪では、星野仙一監督が故障や体調不良の選手にこだわり、強行出場させたことが敗因となった。今回は合宿中に左アキレス腱痛を悪化させた松中、背筋を痛めた細川らを外し、けがの不安のない布陣を敷けるようにした。

 投手陣では松坂、ダルビッシュ、岩隈の「先発3本柱」が盤石なため、他の候補の中から、本来は先発型だが中継ぎとしても使える投手を探した。WBCでは球数制限もあり、リリーフ投手には急な登板が予想される。山田投手コーチも「国際試合の鍵は継投」と断言。イニングの途中や走者がいる場面で力を出すことができ、滑りやすい米国製のWBC公式球にも適応できた投手を選んだ。

 ついに陣容が明らかになった「侍ジャパン」。「(これから)強いチーム、勝つチームをつくる」という原監督は、総合力で勝負する野球を目指している。特に打線では4番に長打より確実性のある稲葉を据え、イチローら俊足の走者をかえす攻撃に重点を置く方針。ここで稼いだ得点を強力な投手力と堅実な守備で守りきるという「スモール・ベースボール」が発揮できれば、日本の連覇が見えてくる。

広島東洋カープの人気ブログランキング!(参加中)
http://baseball.blogmura.com/carp/

posted by じゃけど at 08:53 | Comment(0) | 目指せ日本一&4連覇!広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする